Date
Breast Cancer Ribbon

世界におけるサラ金とは

posted by:
jt12030224

サラ金と呼ばれる消費者金融のシステムは、日本で生まれています。
しかし世界には似たようなシステムの貸金業者の存在があります。
アメリカではペイデイローン。
給料を担保に短期間の返済を約束し、小口で利用します。
年利にすると数百%といった高利なのですが、次の給料日までの貸付ということや、巧みに利息制限のくくりを回避しています。このシステムを禁止している州もあります。
お隣りの韓国には、日本からも多くのサラ金業者が進出しています。
現在では利息制限法により年利49%を上限と定められましたが、それ以前は66%となっていました。
日本から進出したサラ金業者多くは、消費者金融は学生に、韓国でも年利29%程度で営業しているようですが、もちろん利息制限法ぎりぎりの金利を設定している業者も日系であれ存在しています。
イギリスも上限金利が定められていませんので、日に1%という高利も存在しています。
日本のような高利を制限する法律が存在していない国も多く、その中での比較的日本に近いのがフランスです。
何かと攻撃されるサラ金業者ですが、日本は世界的に見えれば利用者が法律に守られている国だと言えそうです。

hr

サラ金の他社借入に関して

posted by:
jt12030224

サラ金は他社借入をしていても借りられる可能性はあります。ただ重要なのは借りている金額よりも、借入件数が重要視されることは理解しておかないといけません。金額を多く借りることができるということは、ある意味信用が高いので借りることができているといえます。しかしサラ金からの借入件数が多いということは、あまり多くの金額を1つのところから借りられないから多くなってしまっているか、お金をかき集めなければいけない状態であるという判断をされてしまいます。ですからサラ金では何社までなら大丈夫というラインが会社それぞれにあります。信用度が低いと一社あたりの限度額が低くなってしまうので、オリックス銀行カードローンで審査は数社で借りないといけないという結果になってしまいます。他社借入は何社まで大丈夫かは、大手や中堅などでも違ってきます。例えば3社ぐらいまでなら大手でも借りることは可能ですが、4社以降になると選択出来る業者も幅が狭くなってきます。また借りられない可能性も出てきます。

hr

カードローン申し込みの対象外

posted by:
jt12030224

カードローンの申し込みというのはとても簡単なものです。金融業者の店頭窓口で簡単に申し込みをすることができますし、今ではインターネットに対応している金融業者が多く、自宅のパソコンからでも申し込みをすることができる場合が多いです。そのため、以前に比べると、カードローンというのは申し込みをしやすく身近な商品と言えます。しかし、カードローンの申し込みをするときは一つ注意があります。それは、カードローンの申し込みの対象に該当しているかどうかです。カードローンは誰でも申し込みをすることができるわけではなく、対象外の場合は申し込みをすることができません。このカードローンの対象者は、金融業者のホームページなどでしっかりと確認することができます。そのため、カードローンでお金を即日借りる前に一度しっかりと対象条件を確認して、自分が対象に該当しているかを確かめることが重要です。そうすれば、何も問題なく申し込みをすることができます。

hr

審査時間でローンの比較をしてみよう

posted by:
jt12030224

ローンの審査時間は会社によって違います。
すぐにでもキャッシングから融資をしてもらいたいときには審査時間で比較をしてみてください。
比較はネットのローン情報のまとめサイトなどで掲載されています。
最近ではキャッシング会社のサービスの激化を受けて驚くほどに審査の時間が短くなっています。
ほんの一昔前なら30分くらいが限度でしたが今では5秒程度でも審査してもらえるのです。
5秒とまではいかなくても30秒や5分といったところもあります。
ただ非常に早い審査は実は簡易審査であることもありますので、本当に融資の可否を決める審査なのかどうかを調べてもらいたいと思います。
また審査を受けてから融資されるまでにも時間がかかりますので、振込されるまでの時間も重視してもらいたいと思います。しかし一般的には審査の時間が早いところは融資までの時間も早いことが多いのです。内緒でローンの利用はここ
急いるときには早い審査をしてくれる会社は非常に助かります。

hr

灼熱バーベキュー

posted by:
jt12030224

さて昨日は毎年恒例となっている会社のバーベキューパーティーでした。

社長が結構社内イベントが好きな方でいろいろやってきます。
バーベキューパーティーは基本暑くなりすぎない7月にやっているのですが、今年は異常に暑くなってしまいました。なんでも最高気温35度!

しかも海でやるので日差しの強さもはんぱない!
女子たちは日焼け止めやら日傘やらに必死でまったく野菜切る気なし!
もう炭とか置いておけば勝手に火がつくんちゃうかという気温のなか、下っ端のわたしは火をつける担当でした。

こんな日に限って着火剤がないもんだから、うちわで扇いだり炭を組みなおしたり、30分奮闘!ようやく火がついたころには完全に燃え尽きていました。
ここまで暑いとみんな食欲もなく、準備していたお肉の消費も半分くらい。
最後の焼きそばなんてだれも手をつけようとしない始末。

でもでもやっぱり暑い日の海辺で飲むビールは最高でした!
結局用意していたドリンクが足りなくなりわたしは買出しへ。
いつも以上にみんなが酔っ払ったバーベキューパーティーになったのでした。

ちなみに帰ってきて気づいたのですが、着火担当で軍手をつけていて、まったく外さないでいた為、手首から先が真っ白のわたしです。。まあ良い思いでとなることでしょう。。

hr