ホーム » キャッシング » 総量規制対象外ローンを有効活用出来る人になろう

総量規制対象外ローンを有効活用出来る人になろう

銀行からの借り入ほか、事業用資金として借り入れるお金は改正貸金業法においては、総量規制対象外とのことですが解釈がちょっと難しいと思います。
例えばキャッシングなどで年収の300万の人が100万円の借入をした場合において、多重債務を避けるためにもう借り入れできないというセーフティーラインが年収の1/3なわけです。
この状態で万が一さらにお金が必要になってしまった場合、その先は金利的負担の少ない銀行系のローンを検討する他ないということなのでしょうか?もちろん審査はある事とは思いますが、個人で可能な債務整理に銀行系のローンが利用できるならば、従来型の債務多重状態に陥るリスクは確かに軽減されてくるのかもしれません。
あとはいかに返済計画を理解してもらい、個人的な信用を示せるかなど乗り越えるべき部分はあることでしょう。
ちなみに私個人のお金の借入についての目安は年収の1/10と決めています。
実質的に返済計画が全うできる安全なラインだと学生時代の恩師に教わったことを守っているわけです。